イラスト付きで分かりやすい!コレステロールと健康の関係

テレビの健康番組などで取り上げられることの多いコレステロール(リボたんぱく質)。
増えすぎると動脈硬化の原因になることや、普段の食事では極端に摂りすぎないようにしたほうがいいことは何となく情報として知ってはいても、体内で果たしている具体的な役割や「なくなるとどうなるのか?」ということについては専門家でもないかぎり意外とくわしくは知らないということも少なくありません。
この記事では、年齢的にもうそろそろ健康に気を遣いはじめる方々にむけて、コレステロールが体内で本来果たしている役割と適切にコントロールする方法についてまとめました。

リボたんぱく質はLDL(低比重リボたんぱく質)とHDL(高比重リボたんぱく質)に分けられ、一般的にはよりわかりやすく、「LDL=悪玉、HDL=善玉」という風に説明されることが少なくありません。
医療系の番組などでは、LDLをトゲトゲした球状のイラストで描くことが多いようです。

低比重リボたんぱく質が一般的に悪玉とよばれるのは、増えすぎたLDLが動脈硬化などの原因になるためで、慢性的に過剰摂取をつづけると心筋梗塞や脳梗塞の原因になってしまいます。

一方の高比重たんぱく質はおもに魚介類に豊富にふくまれており、血液をサラサラにしたり、脳細胞を活性化してくれたりと、低比重たんぱく質とは対照的に体にとって良い影響をもたらしてくれると考えられています。

ただし、HDLであってもLDLであってももともとは細胞膜の生成やホルモンの量産などに使われるきわめて大切な成分であり、どちらか一方が不足しても体にとって悪影響が生じてしまいます。
低比重リボたんぱく質が極端に不足すると体内のエネルギーバランスを保つことが難しくなり、脳出血を引き起こすリスクが急激に高まります。

低比重リボたんぱく質と高比重リボたんぱく質をバランスよく摂取するためには日頃の食習慣から気をつけることが重要です。
低比重リボたんぱく質は肉類やチーズ、ラードなどに多く含まれており、高比重リボたんぱく質は青魚に多く含有しています。

若い頃から「LDL3:HDL7」程度の比率でバランスを考えつつ摂取することで、血管にかかる負担が少なくなり、年齢を重ねてからも動脈硬化が起きにくくなり、心筋梗塞や脳梗塞などによる死亡リスクを大幅に下げることができます。

LDLの過剰摂取がつづいたとしても自覚症状がほとんどなく、ある日突然心臓発作で倒れて死に至る、ということも充分に考えられるためコレステロールを下げる食生活には注意をしておきましょう。